セミナー情報

10/6

受付を終了いたしました。
沢山のお申込、ありがとうございました。

講座概要

◆Day1 火中に立つ ~standing in the fire~
日時 2013年9月23日(月) 10:00-17:30
会場 株式会社ラーニングデザインセンター セミナールーム
講師 Mr. Larry Dressler
価格 AS会員様:52,500円(税込・昼食費込)
一般参加者様:73,500円(税込・昼食費込)
その他 逐次通訳付き/AL活動ポイント付与対象講座
◆Day2 ALコーチによるグループプロセスへの気づきと働きかけ
日時 2013年10月15日(火) 10:00-17:30
会場 株式会社ラーニングデザインセンター セミナールーム
講師 中村 和彦氏
(南山大学人文学部心理人間学科 教授)
価格 AS会員様:31,500円(税込・昼食費込)
一般参加者様:52,500円(税込・昼食費込)
その他 AL活動ポイント付与対象講座
◆Day3  U理論に学ぶALコーチの在り方
日時 2013年12月3日(火) 10:00-17:30
会場 株式会社ラーニングデザインセンター セミナールーム
講師 中土井 僚氏
(オーセンティックワークス株式会社 代表取締役)
価格 AS会員様:31,500円(税込・昼食費込)
一般参加者様:52,500円(税込・昼食費込)
その他 AL活動ポイント付与対象講座

講師プロフィール

■Mr. Larry Dressler

ブルー・ウィング・コンサルティング社の創設者。「会話を通じたコンセンサス:高い献身をとりつける決定への到達法 原題Consensus Through Conversation: How to Achieve High Commitment Decisions(2006年)」、「火中に立つ:明確さ、冷静さ、勇気をもって過熱した会議を進行させる 原題Standing in the Fire: Leading High-Heat Meetings with Clarity, Calm, and Courage(2010年)」の2つの名著がある。 20年以上に亘り、組織やコミュニティの人々が己の洞察力やコミットメント、エネルギーを結集させて、世の中に価値を生みだすのをサポートをしている。高リスクのミーティングの企画・議長に経験豊富で、真の誠意や協調の糸を自社の繊維に紡ごうとしているリーダーたちのアドバイザーを務めている。その専門知識は、不確実性、複雑さ、激しい感情、反抗を目の前にした時の落ち着き、勇気、思いやり、信頼性といった形でリーダーやチェンジ・エージェントに示され、高い評価を得ている。

クライアントには、フェイスブック、シスコ・システムス、バクスター・ヘルスケア、1%フォー・ザ・プラネット、スターバックス、ペディアトリック・AIDS財団、ニュー・ベルギー・ブリューイング、三菱自動車、日産自動車などが顔を並べている。

グアテマラ郊外の、若者のリーダーシップと子供の識字教育を推進する社会的ベンチャー事業、リーディング・ビレッジの共同創業者でもある。


■中村 和彦氏

南山大学人文学部心理人間学科教授。
南山大学人間関係研究センター研究員。
名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士後期課程満期退学。
専門は組織開発(OD)、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。
米国NTL Institute組織開発Certificate Program修了。

体験学習を用いた人間関係トレーニングのファシリテーション、組織開発コンサルティングなどの実践に取り組む。組織開発では、プロセス・コンサルテーション、組織診断とフィードバック、グループプロセスへの働きかけ、対話型組織開発の手法(フューチャーサーチやAI)の実践をしてきている。

組織開発に関する論文としては、「組織開発とは何か?」「ゲシュタルト組織開発とは何か?」(どちらも人間関係研究に掲載)を執筆している。


■中土井 僚氏

  • アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)勤務
    -ビジネスプロセスリエンジニアリングコンサルタントとして従事
  • インタービジョン株式会社勤務
    -最適組織編成理論を用いた組織開発コンサルティング事業に従事
  • ウイルソン・ラーニング・ワールドワイド株式会社勤務
    -人材開発コンサルティング、アウトソーシング事業に従事
  • オーセンティックアソシエイツ設立 代表就任
  • オーセンティック ワークス株式会社 代表取締役社長
  • 株式会社野村総合研究所 パーソナルディレクター(エグゼクティブコーチ)
  • フリュー株式会社 社外監査役就任
  • NPO法人日本紛争予防センター理事

<資格・研修・プログラム等>

  • 組織人事監査協会認定パーソネルアナリスト取得(2001年)
  • ヒューマンサイエンス研究所認定Self Expanding Program認定スーパーバイザー取得(2003年)
  • 国際コーチ連盟認定資格CPCC(Certified Professional Co-active Coach)取得(2004年)
  • NLP(神経言語プログラミング)プラクティショナー取得(2006年)
  • GIALジャパン認定 アクションラーニングコーチ資格取得(2006年)
  • AIファシリテータートレーニング修了(2006年)

<翻訳>

  • 「U理論~過去や偏見にとらわれず、本当に必要な『変化』を生み出す技術」(英治出版)C.オットーシャーマー著

<執筆実績・メディア掲載実績>

  • 「コーチングのプロが教える 社員を『仕事好き』にさせる法」(日本実業出版社「経営者会報4月号」,2006年)
  • 「『出現する未来』から学ぶU理論で組織を変える」(『人材教育5月号』2012年)
  • 「なぜ、組織は迷走するのか」(株式会社TKC「戦略経営者9月号」,2012年)
  • 「注目『U理論』による組織変革~無自覚の現実を見える化~」(日経ビジネス2012年9月10日号)
  • 「U理論が導くイノベーションへの道」(ITメディアエグゼクティブ2012年8月~現在)

講演概略

◆Day1 standing in the fire

火中に立つ:明確さ、冷静さ、勇気をもって過熱した衝突を先に進める (Standing in the Fire: Leading High-Heat Encounters with Clarity, Calm, and Courage)とは

社会に出てからのいろいろな会議、学校でのミーティング、組織の生き残りをかけた改革模索の話し合い等、私たちは日々、程度の差こそあれ、会議に参加し、意見の衝突に直面します。組織のリーダー、教育者、チェンジ・エージェントとして、私たちは、チームや組織の『その中で』起こること、つまりチームや組織の中で起こっている課題を発見し、その解決を効果的にできるよう、新たなメソッド、テクニック、技術の修得に多大なエネルギーとお金をかけています。しかし、実はそこには経験を積んだリーダーだけが知っている秘密があります:最も困難、複雑、偏ったもしくは不安定な状況の中では、リーダーが自らの内面の(精神的、情緒的、身体的)状態に配慮しない限り、どんな外部志向のテクニックも役に立ちません。言い換えると、チームや組織の成功は会議を導く中立的な介入者たるリーダーの内面的状態にかかっているのです。

 名著『火中に立つ:明確さ、冷静さ、勇気をもって過熱した会議を進行させる (原題Standing in the Fire: Leading High-Heat Meetings with Clarity, Calm, and Courage)』の著者であるラリー・ドレスラー氏と、6つの自己の内面的能力を磨くことに特化した終日学習を体験してみませんか。6つの内面的能力とは、その場にいる自分以外の誰もが、その時の勢いで熱くなってしまった時でも、機知に富み、冷静でいられるようにし、チーム内の衝突を、チームの能力を最大限に結集したアウトプットへと導く能力です。どんな困難な状況においてでも、あなたの目的、他者への思いやり、信頼性を保つことを可能にする個人的奥義をこのワークショップで味わってみてください。


◆Day2 ALコーチによるグループプロセスへの気づきと働きかけ

「プロセス」という言葉はALでよく用いられます。しかし、グループで起こっているプロセスを捉えることは簡単ではなく、プロセスを捉えるための視点や、捉えたプロセスに働きかけるための質問をする力が必要になります。
本講座では、グループプロセスを捉える視点について理解するとともに、プロセスに働きかけるために、定型的な質問をすることを超えて、ALCの気づきを活かした質問をする力を養うことをねらいとします。
午前中はグループ実習(ラボラトリー方式の体験学習)を通して、グループプロセスを捉える視点について理解していきます。午後はプロセスへの気づきを活かしたALCによる働きかけ(質問)を試みていくALセッションを2回実施する予定です。


◆Day3  U理論に学ぶALコーチの在り方

アクションラーニングセッションによって、様々な気づきやチームのビルディングが生まれていきます。
それはどのような原理によって生じているのか、より深い変容を個人やチームとして生み出すことは可能なのか?
そういった観点について、マサチューセッツ工科大学上級講師であるオットーシャーマー博士の提唱するU理論の観点から、洞察を深めてまいります。


受付を終了いたしました。
沢山のお申込、ありがとうございました。